フケを放置しないで!悪化してアトピーになる可能性大!

もともと頭皮は、皮脂腺が発達して、汗腺なども多く、ムレや雑菌が繁殖しやすい場所です。
そこでフケ症状があり、そのフケが毛穴をふさいでしまうと、ますます状態が悪化していきます。

 

フケがかゆみや抜け毛などの原因になることはよく知られていますが、場合によってはアトピー性皮膚炎にもなり得ることはご存知でしょうか。

 

なぜアトピーになるの?!

フケで頭皮がかゆい、赤くなる、炎症ができ、場合によっては掻きむしり、傷になり、かさぶたまで出来てしまいます。

 

肌にもともと備わっている、つまり皮脂分泌を適度に保って膜をつくり、うるおいや外部からの刺激から肌を守るというバリア機能が弱まると、フケやアトピー性皮膚炎のようなトラブルに発展しがちです。

 

粃糠性のような、乾燥性のフケに悩む人は、専門医から塗り薬を処方されることもありますが、この塗り薬がステロイド剤です。
しかし頭皮は、より薬の成分を吸収しやすい特性を持っているので、これによって頭皮のかゆみ、かぶれ、そして患部を治りづらく、悪化させてしまうことにもなりかねません。

 

また、症状が長期化してしまう場合もあります。

 

そのため、できれば乾燥性のフケの場合は、薬剤投与よりも自然治癒力を高めるような治療法やシャンプーを選ぶことが望ましいです。

 

どんな人に多いの?!

べたべたした感じのフケではなく、カサカサした乾いたフケが出る場合、アトピー性皮膚炎の前段階の可能性もあります。
アトピーの場合、柔らかい皮膚の上にできることが多いのですが、頭皮でもとくに乾燥したフケが出ている人、かゆみが強い人は気をつけてください。

 

実際粃糠性皮膚炎ではなく、アトピーが原因でフケが起こっていたという事も考えられます。
子供の場合はとくに注意深く見守りましょう。

 

とくに家族にアトピー性皮膚炎の人がいる場合には、可能性が大きくなるので初期段階で見落とさないようにしましょう。

 

アトピーの可能性が高い場合は、早めに専門医にかかり、自己診断で色々試したりしないようにしてください。
フケを軽くみているとあとで後悔するでしょう。