フケをそのままにしたらどうなる?

頭皮の皮脂が極端に増加すると、フケが多く出るようになります。

 

フケが出ると髪や服にフケが付くようになり、周りの人に不潔な印象を与えてしまうので、頭皮からフケが出るようになった段階で、逃避にやさしいシャンプーを使うなどのケアを行う必要があります。
とはいえフケが出るだけの間は症状がごく軽く、異変に気づけないことも多いのですが、もしフケをそのままにしていたらどうなってしまうのでしょうか。

 

見た目以外も不潔な印象に

 

フケの被害でまず困るのは、髪や服に付くことで見た目が不潔になるという点ですが、もちろんフケによる影響はそれだけではありません。
フケが大量に出るようになると、頭皮から皮脂が通常より多く出るようになります。

 

大量に出た皮脂は頭皮の上で変質し、雑菌のえさになってしまうため、時間が経つたびにどんどん臭くなっていきます。
そのためフケで見た目が不潔に見えるようになるだけでなく、匂いでも不潔な印象を持たれるので、フケが出た時点でちゃんとケアしましょう。

 

頭をかいて症状悪化

 

頭皮からフケが出るようになると、外からの刺激に敏感になっていきます。
敏感になった頭皮は常にかゆみや痛みを感じるようになり、症状を和らげようとして頭をかく動きが多くなりますが、これが症状の悪化につながります。

 

頭をかくと頭皮が傷つき、そこから角質細胞が取れて新たなフケが出来ますし、頭をかくことでさらに頭皮が刺激され、余計に症状が増すようになるなど、様々なトラブルを引き起こします。こうした症状を防ぐ上でも、治療は早急に行うべきです。

 

炎症に発展するケースも

 

頭皮からフケが出るだけならまだいいのですが、問題は非常に症状が強くなってしまった場合です。
特に頭をかくなど強い刺激を与えていると、傷口から頭皮に雑菌などが進入するようになり、最終的には頭皮湿疹や紅斑といった症状に悩まれるようになります。

 

これらが発症すると症状は余計に強くなるので、そうならないうちに病院で治療を受けるようにしましょう。

 

 

頭皮は簡単に傷つき、変質してしまいます。
そのため少しでも変化が現れたときは、すぐに様子を見て体調を確認するようにしましょう。

 

頭皮に明確な変化があれば皮膚科できちんとした治療を受けて、特に変化が見られないときは、シャンプーやカラーリング剤など、頭皮に刺激を与えた要因をチェックして改善点を再確認してください。